アイティメディア採用 2018

メッセージ

アイティメディアの理念、そして求める人物像

アイティメディアの理念

メディアの革新を通じて
情報革命を実現し、社会に貢献する

情報を伝える手段の進化、すなわち「メディアの革新」を通じ、
テクノロジーを活用した人類の明るい未来の実現に貢献したい

メディアの歴史はテクノロジーの歴史

18世紀末、フランスでは「腕木通信」による大規模な通信網が整備されていました。腕木通信とは、数メートルの三本の棒を様々な形に組み合わせてメッセージを作り、これを別の基地局から望遠鏡を用いて確認することで情報を伝達するものでした。1分間に80km以上の速度で情報を伝達できたそうです。この「腕木通信」はフランス語で「テレグラフ」と呼ばれ、のちに通信動力が人力から電気になり、電信、電報が登場しても、そのまま名称として使用されるようになりました。これら通信技術の発展により、新聞やラジオ、テレビ等のメディアが進化を遂げることになります。

メディアの歴史は「情報をより遠くへ、より速く、より多くの人に届けたい」という人々の強い思いから作られており、その情熱を支えたのは常に技術=テクノロジーの存在だったのです。

テクノロジーからメディアへの挑戦状

そして、いまインターネットの登場により、あらゆる情報は0と1のデジタル信号に置き換えられ、世界中に張り巡らされた電子の神経網を伝って、瞬時に個人へと届けられます。これにより情報伝達の価値は「より遠く、速く、大量に」から、「より個人ごとにきめ細かく、最適な形で届けられる」ことに転換されるようになりました。スマートフォンやタブレットを始めとするスマートデバイスの普及や、ソーシャル・ネットワークの拡大が、その価値転換の流れをさらに加速しています。ユーザーの情報収集のスタイルが大きく変わる中、これからのメディアには、デバイスの特性やユーザーの利用シーン、情報交流の新しい流れに合わせた、これまでとは異なるメディアのあり方(社会における役割、コンテンツの作り方や見せ方、サービスの提供)が求められます。そこでは、旧来のマスメディア型ビジネスをはじめ、メディアのさまざまな分野で破壊と再生を生むパラダイムシフトが生じています。

アイティメディアの存在意義とソフトバンクグループの遺伝子

アイティメディアの存在意義は「テクノロジーの進化によってメディアのあり方を変え、情報や知識が、求める人に的確にかつ迅速に届くようにすること」。そしてそれによって「人々の仕事や生活に貢献すること」です。

従来、メディアは技術革新を採り入れることで進化してきました。ただ、現在のあまりにも速い技術革新のスピードに柔軟に対応できるメディア企業はそう多くありません。人間の脳は時に新しい挑戦にストレスを感じます。

アイティメディアが日々その取り組みをやめないのは、私たちが属するソフトバンクグループの理念「情報革命で人々を幸せにする」を共有しているためです。私たちは「メディアの革新を通じて情報革命を実現し、社会に貢献する」を企業理念としています。革新を希求するグループ共通の遺伝子をもつ私たちは、日本でいち早くネットメディア事業に取り組んできました。しかしその歩みは「メディア革新」という華やかな言葉とは裏腹に、とても地道なものでした。コンテンツはもちろん、読みやすさやサービスの使いやすさなど、あらゆる面で小さな、しかし確かな改善を愚直に積み上げてくることでした。こうした積み重ねがネットメディアとして今日のブランドを築き、そのノウハウが、今後の事業戦略として生きてくるのです。

企業としての役割

テクノロジーの進化により、メディアのあり方とユーザーの行動が大きく変わる中、必然的にビジネスのあり方も進化せざるをえません。商業メディアとしての私たちの役割は、企業を存続、成長させることです。環境に応じて適切なビジネスモデルを作りだし、収益を得ること。当たり前のことですが、それによってはじめて、メディア企業として安定的に情報配信ができ、かつ成長への投資を行えるのです。

アイティメディアの求める人材

変化への柔軟性と変革へのエネルギーを持ち、周囲も巻き込みながら前進することができる人

変化が早く予測が困難な時代。人口知能、IoT、ロボット…テクノロジーの進化によって、私たちの仕事は大きく変わり、明日には今までなかったような仕事が生まれているかもしれません。これからの時代を生き抜くために、変化に対応できる力はとても重要なのです。そして、アイティメディアは理念の中で「メディアの革新」を掲げています。「仕事をする」ということは、誰かのために、何かの役に立つということ。受け身ではなく、自ら価値を提供するということです。読者のため、クライアントのためによりよくできることはないか考え、それを行動に移す。そんな一人一人の変革が、「メディアの革新」につながります。だから私たちは、変わること・変えることに前向きな人に、ぜひ仲間になってほしいと思っています。

メディアの可能性を信じ、そこに責任を持てる人

自身の関わるメディアに責任と誇りを強く持てる人を求めます。当社はソフトバンクグループの一員ですが、一方で独立したメディア企業でもあります。中立な報道姿勢は不可欠です。読者およびクライアントの利害を真剣に考え、誰に何のための情報を届けるのか、しつこいくらいに考えることでその責任感と誇りが生まれてくるのだと考えています。メディアには人の生活を変え、人類の未来を変える力がある。この仕事に誇りと責任を持ち、新たな可能性を形に変える方法を、一緒に考えていきたいと思います。

テクノロジーへの大いなる関心を持てる人

アイティメディアが運営するメディアは、日々生じるITや製造業の新たなテクノロジー情報、およびそれらによる経済や社会動向、文化の変化など、さまざまな面でコンテンツを提供しています。私たちが提供する情報とそれを求める人との出会いにより、さらに新しいイノベーションやテクノロジーが生まれ、その大きな連鎖が産業の底上げをし、人々の生活をより豊かに変えていくことでしょう。私たちのメディアビジネスの根底にはテクノロジーへの興味と敬意があります。この情熱を共有し、日々進化するテクノロジーをいち早く自身のメディアに取り入れ、メディアをイノベートしていける仲間を求めています。「自分が新しいメディアを生み出す」という気概のある人の知恵や情熱をメディア創りに生かしていきたいと思っています。その中心的な役割を担うのはデジタル・ネイティブ世代である皆さんでしょう。ネットの文化や技術に新しい感覚や興味を持っている、その皆さんの武器を、存分に生かしてほしいと思います。