アイティメディア採用 2018

選考フロー

選考スタイルと選考にあたってのみなさんへのメッセージ

選考フロー(3つのパターンから選択できます。併願も可能です。)

選考スタイルは、その企業の文化を体現するものだと思います。

メディアは「人」で成り立ち、当社は「人の成長」によって存在し成長する会社だから、
選考においても、ひとりひとりにしっかりとフォーカスをしたいと考えています。
選考フローも毎年、ご応募者に合わせたカスタマイズを行っています。
お互いがベストな状況で評価し合える環境をご用意します。

アイティメディアが皆さんに期待すること

アイティメディアが皆さんに期待すること。それは、プロフェッショナルなメディア人として、次世代のメディアづくりをプロデュースする存在になっていただくことです。

プロフェッショナルなメディア人になるために必要なものは何でしょう?

私たちの考える1つは、バランス感覚です。メディア企業は、どこか一方だけにメリットを提供していればいいのではありません。アイティメディアの出す情報を必要としてくださる読者、プロモーションを実施するパートナーとして選んでくださるクライアント、そのサイクルを回し、収益をあげ、メディアを続けていく自分たち。メディアを発展的に継続させるためには、三方良しの状況を保つことができる広い視野が求められます。

プロフェッショナルなメディア人になるために必要なもう1つのもの、それは、圧倒的な専門性です。「コンテンツ・イズ・キング」という言葉が叫ばれているのは、今やメディアの世界だけではありません。説得力のあるコンテンツに人が集まってこそ、アイティメディアのビジネスは成立します。

だからこそ、総合職採用に加え、編集記者職、技術職の職種別採用を行います。

総合職では、広告営業をはじめとする、メディアを支えるさまざまな立場で皆さんのキャリアをスタートしていただきます。メディアはどのように成り立っているのか? どうすればもっと発展させることができるのか? 皆さん自身の頭で考え、行動することで、メディアをより進化させてほしいと思います。

編集記者職では、「人に必要とされる情報を発信する」というメディアとして最も重要な力を発揮してくれることを期待します。今知るべき有益な情報を見抜く嗅覚と、それを的確に伝える表現力を持つ、一流の編集記者が読者にもクライアントにも求められています。

技術職も、メディアを発展させていくためには必要な役割です。すばらしいコンテンツは情報を的確に伝播させる基盤があって初めて生きるもの。メディアの技術職であることに誇りを持ち、読者の存在を意識して、ぜひご自身の手でメディアを育ててください。

皆さんの輝く素質を、最も適した形で、最も発揮してもらえる道を一緒に探していきたいと思います。月間約1億5000万ページビュー、約2,500万ユニークブラウザ。その数値を作り出す、メディアにとって最も重要な財産は“人”だからです。

選考メッセージ

今、インターネットは様々な期待や批判に揉まれながら、ひとつの新しい巨大メディアへと進化しようとしています。

私たちアイティメディアは、そんな時代の始まりに、今立っていることの興奮と責任感を抱えながら、次の世代のメディアを創る旗手になりたいと、はっきりと考えています。

そんな私たちには「On the road」というキャッチフレーズがあります。

そう、まだまだ「途なかば」です。
しかし志は高い。これまでの常識から照らしてみれば、おかしいんじゃないのってくらいの目標をもち、未来をイメージする。
これまでの歴史において、新しい価値観を創ってきた人々がそうであったように。

新たなる世代のみなさんへ。
苦しくても楽しい、つらくても感動する。そんな仕事をともに成し遂げましょう。

アイティメディア株式会社 社員一同