カギはオンラインコミュニケーション!アイティメディアの在宅ワーク

 アイティメディアでは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年4月6日から全社で在宅ワークを行っています。緊急事態宣言が解除となった現在も、引き続き在宅ワークを推奨しています。今回は当社の在宅ワークの様子を、これから当社への応募を考えてくださる皆さんにレポートします。

 まず、以前からほとんど全ての社員が、チャットやWeb会議といったオンラインのコミュニケーションツールを使っていました。

 在宅ワークに合わせたシステム導入に当たっての混乱も、予想よりは少なかったようです。もともとテクノロジー領域に特化したネットメディアを運営している会社なので、ITへの関心が高い社員が多かったからかもしれません。

 そして、在宅ワークそのものに関しても、肯定的な意見が多かったようです。これからは社会全体が、平日だからといって必ず会社に来るのではなく、自分で出社日と在宅ワークの日を決めるライフスタイルに変わっていくかもしれません。

 相談や会議の日と作業の日を分けて、仕事仲間とのコミュニケーションを充実させる時間と、1人でじっくり作業に取り組む時間を確保できたら、仕事の効率も上がりそうです。

 一方で、オフィスという同じ時間と場所にいるため、ちょっとしたコミュニケーションが不足しているなど、在宅ワークならではの悩みも挙がりました。チャットでのやりとりやWeb会議などを細かく入れて、なるべくリアルに近いコミュニケーション環境を作っていく必要がありそうです。

 当社での具体的な例では、Webで飲み会やランチ会をしている部門、Web会議を通した朝会で全員が顔を合わせるようにしている部門などがあります。人事部でも、休憩中はチャットの雑談ルームが盛り上がっていますよ。

人事部内の雑談の様子。業務外のほんとうにどうでもいいことを話しています(笑)

 

 思いがけないきっかけではありましたが、社会に大きな変化が訪れています。その中で、アイティメディアは、何よりも社員の健康や働きやすさを第一に考えながら、ネットメディア企業として世の中に貢献していきたいと考えています。

 在宅ワークのレポートを通じて、変化に柔軟に対応するアイティメディアの姿が伝われば幸いです!