働く場所を選べる!価値発揮を最大化する「スマートワーク制度」とは

 アイティメディアでは、働き方を自由にすることで価値発揮を最大化する「スマートワーク制度」を2020年7月から導入しました。具体的には、上司の許可があれば、週1回の部門出社日以外なら、自宅やその他の作業場所で業務を行うことが認められました。
※部門出社日の設定は、新型コロナウイルスの影響を考慮し、当面見送りとなっています

 会社である以上、業務遂行に支障がなく、時間管理を行ってルールを守ることや、出社要請の際、2時間程度で出社できる場所にいることは求められますが、従来のオフィスに来なければならない働き方よりも、ぐっと自由度が上がりました。

 もちろん、会社に来たらもっと仕事がはかどる、対面で話す必要がある、といったときは出社することも認められていますので、その時の自分や業務にとって一番いい環境を選ぶことで、それぞれの価値を最大限に発揮できるように設計されています。

 また、単に「自宅で作業可」を掲げるのではなく、その裏打ちとして、コミュニケーションやナレッジ共有、スケジュール管理のためのオンラインツールも全社で導入し、順次整備が進んでいます。さらに、自宅で業務にあたった場合の通信費や光熱費などを考慮して、スマートワーク手当が7月から一律5000円支給されます。

 スマートワーク制度は、新型コロナウイルスによって社会状況が変化するより前から、当社で検討が行われていました。当社の人事ポリシー「Value First〜価値にとことんこだわり抜く〜」に基づく環境整備の一環として、オフィスに固定されない働き方が準備されていたものに、昨今の情勢が大きなきっかけとなって、このたび制度化されました。

※当社の人事ポリシーや環境整備の詳細はこちら
アイティメディアの人事の仕組み-第1回:人事ポリシーと人事制度- 
アイティメディアの人事の仕組み-第3回:「働き方」の仕組み-

 スマートワーク制度の導入に当たっては、緊急性の高い課題である新型コロナウイルス感染症への対策のみならず、長期的な視野における企業と社員の価値向上も目指して、以下の3点を目標としています。

・社員と家族の健康を維持しつつ事業を継続する「安心」
・働き方の新様式を作り出し、業務の効率化を目指す「挑戦」
・自己裁量で業務に取り組む範囲を増やす「主体性」

 社員にアンケートを取ったところ、スマートワーク制度について、現在の社会状況に合わせた、柔軟で合理的なものであると高評価する声が多くありました。また、これまでの出社を前提とした体制からの切り替えのスピードが速いことに安心感を覚え、当社で働く意欲がさらに増したなどの好意的な意見がいくつも書かれています。

 このレポートを書いている私も、スマートワーク制度を活用している1人です。

 通勤時間が長いので、以前は帰宅するとぐったりしてしまい、疲れが翌日に残って体調が安定しない……ということもありました。しかし、現在は自宅で業務を行っているため余裕が生まれ、プラスアルファのチャレンジや提案をすることができていると感じます。

 アイティメディアでは、社員が自らの価値をより発揮できるよう、さらに体制を整えていきたいと考えています!当社に興味を持ってくださった方、ぜひ採用情報もチェックしてみてください!